2020年1月5日日曜日

2020/01/05(日) 主日礼拝説教要旨(降誕節第2主日)

「真の光を求めて」
イザヤ40:25―31 ヨハネ1:1―18

ヨハネ福音書の著者は主イエスの12弟子の一人、ゼベダイの子ヨハネと言われている。ゼベダイの子ヨハネに洗礼者ヨハネはイエスを「見よ、神の子羊だ」(1:36)と紹介する。ヨハネはイエスの弟子として、3年間イエスと生活を共にした。その間、彼は主イエスの多くの驚くべき働きを見、聴きした。このような経験をした彼にとって、イエスはもはや人ではなく、神としか思えなかった。だから彼は告白する。「私たちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた」(1:14b)。「言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった」(1:4-5)。この暗闇はこれからも続くのだろうか。歴史を見れば、イエスが来られても、闇は依然この世を支配していると認めざるを得ない。今もそうだ、憎み争いが絶えない。しかし、信仰の目で見れば異なる。ヨハネはこの闇を打ち砕くために「(イエスが)肉となって、私たちの間に宿られた」(1:14)と記す。ヨハネは言う「最大の恵みはどんな時でも神は共にいて下さり、私たちを愛していて下さることを信じることが出来ることだ」と。真の光を仰ぎつつ、この年も歩み始めたい。